2019年02月15日

映画「バブルへGO!!」

IMG_9332.JPG

(畑からの靄)

映画「バブルへGO!!」。
ちょっと前の映画(2007年)になりますが、あのバブルの時代を知っている世代にとっては大変面白い映画でした。その場面、場面の映像や音楽等には懐かしさを感じさせ、エンターテインメントとして楽しい映画の1つです。

IMG_9188.JPG

(電力王松永氏の耳庵の茶室)

ストーリーは1980年後半のバブル、不動産高騰を退治するため、大蔵省から出された「総量規制」の行政指導。その後の日本経済は低迷を極め、日本国破産が秒読みです。
2007年偶然発明された「ドラム式洗濯機型のタイムマシン」を「阿部寛」演じる大蔵官僚が破産時計を止めるため、昔の彼女である「薬師丸ひろ子」、そしてその娘の「広末涼子」に過去へ戻らせ奮闘するというもの。

IMG_9201.JPG

(冬の寒さを耐える草)

歴史に「もし」はありませんが、その「もし」があったらどうなっていたかと想像することは、歴史に興味がある者の楽しみです。又、過去の事実を誰も見ることが出来ないので、学者も素人も好き勝手に過去の事実を解釈、想像できる楽しみです。人文社会学は物理学の様にすべて理論的、論理的になると限らず、人の数だけ想像でき、どれが正解は不明です。それこそタイムマシンが発明されれば、当時の現場を見て事実が確認できるのでしょうが・・・。

IMG_9289.JPG

(富士市竹採公園の白隠禅師の竹取伝説)

さて、その映画の面白さは後半の「薬師丸ひろ子」の料亭における演説です。将来は日本国破産になることを訴え、当時の行政指導の停止を求めると、実は当時の高級官僚や裏で日本を操る人々はその未来を想定済みであったということ。破産することを見越して、次のことを考えていたというものです。

IMG_9222.JPG

(日吉校舎のモニュメント 紀元2594年)

最近亡くなった堺屋太一は小説で歴史的事実や将来日本の姿を描いていました。小説「平成30年」、その後の将来を描いた小説「団塊の後 三度目の日本」があります。今を生きる者にとって、自分の経験と知恵で歴史を学び、そして将来を予測すること。外れても当たっても歴史に興味がある者にとっては納得できるものです。

IMG_9346.JPG

(これは自己満足のキャベツ)
posted by 田舎おやじ at 22:29| Comment(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。