2018年06月24日

路線バス

IMG_8299.JPG

(沼津千本松公園から駿河湾)

最近のテレビ番組で路線バスを乗り継ぐ旅というものがあります。路線バスしか乗れないという制約の中で目的地へ着くというものや、路線の店等を巡るというものです。これらは観光バスの旅とは一線を画しており、日常生活に利用するバスの沿線を楽しもうというものです。

サラリーマン時代は路線バスにあまり縁がありませんでした。通勤は鉄道利用、仕事でも地下鉄が便利な首都圏が主で、バスを利用することはほぼありませんでした。自分の中の感覚では、バスが定時に出発し到着するというイメージがなく、道路事情によっては予定が立たない、又、待っているバス停は炎天下や寒さがもろであり、トイレなどの設備がないという不便さを感じていたからです。

IMG_7856.JPG

(沼津御用邸)

しかし最近は横浜やその他の地域でも路線バスに乗るようになり、それも通勤時間帯ではありません。するといつもと違う人や生活を感じることができます。なによりも普段は通ることなかった見慣れない地域の道路を走り、普通車より高い位置の座席で自分の興味ある景色をゆっくりと眺めることができることが大きな利点です。

IMG_7846.JPG

さて、今回は沼津市内の路線バスに乗車です。沼津市街地は子供の頃の街の記憶と、その後家族旅行の思い出があります。

駅前のロータリには色々な方面へのバス停が沢山ありますが、1つ1つの時刻表のバス本数は決して多くありません。40年以上前に行った千本松公園へ行こうとバスへ乗り込みます。

IMG_8295.JPG

バスは沼津駅から駅前商店街を通ってメイン通りを進みます。バス座席の高い位置からは商店街の二階以上もよく見ることができますが、その寂れ様には愕然とします。県庁所在地以外の中核都市と言われている駅前の街並みはどこもそうなのですが、自分自身が中途半端にかつての記憶がある場所では「あれっ」と思うことがあります。

沼津はかつて中世、近世の城があった場所であり、また明治以降も御用邸や別荘地があった街です。バス路線の景色だけを見て「今,地方都市は?」ということは言えませんが、かつての駅前の賑わいを知っている者にとっては愕然です。

IMG_8293.JPG

(現在の井上靖文学碑)


そんな景色を見ながら、色々な思いが浮かんできました。
自分の畑もちょっと手を入れないと、すぐ背の高い雑草や笹が生えてきて元の野原になります。すぐに元の原野です。街も同じ。意気盛んだった場所もちょっと人の流れなどが変われば、人や街並みの気配が変わります。

IMG_8298.JPG

(かつて40年以上前にあったのはこの文学碑。しかし石碑はもっと長く、この場所ではなかったと記憶していますが・・)

その昔、戸田港で幼い子供が初めて鯵を釣り、鯵は足が速いからダメだと言っても「家で絶対食べるんだ」と言って駄々をこねた時の話。途方に暮れて沼津まで持ち帰った魚を近くのデパート地下の店員へ無理を言い、事情を察した中年女性が捌いてお土産用にしてくれました。家族にとってはいい思い出です。

そして、「あの人情は今でもあるのだろうか?」「いやあるんだろう」と考えていました。

IMG_8305.JPG

(若山牧水記念館。少ないバスの待ち時間に利用しました)
posted by 田舎おやじ at 12:50| Comment(0) | 日々雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。