2019年11月28日

ドーナツホール

IMG_1150.JPG

(今年の秋の紅葉は遅めです)

昼間の老人向け、いや失礼、熟年者向けドラマ「やすらぎの刻」。
老人たちが繰り広げるドラマは久しぶりの笑いを誘います。しかし、その後にふと訪れる寂しさも感じます。いずれ訪れる、いや、その傾向を自分自身が日増しに感じる寂しさ。
ささやかな笑いとペーソスを感じるドラマです。

IMG_1208.JPG


その昔、子供の頃。親父の休みの日。たまに「今日は泰華楼へ行こうか」という言葉で、家族で伊勢佐木町へ。有隣堂で名前入りの鉛筆、橋のたもとの小鳥店、そして不二家の10個入りのドーナツを買ってもらうのが楽しい思い出です。

IMG_1152.JPG

(道の途中で見つけた2匹?の招き猫。ガラス戸の中で暖かそうにしています。帰り道では一匹は営業終了?)

さて、このドーナツ。
今思えば大したことのないシンプルなドーナツですが、この穴の開いているドーナツが当時は美味しく、ドーナツの楽しい思い出になっています。穴のない餡ドーナツはドーナツではない!あれは揚げパンだ。穴が開いているからドーナツなのだと勝手に思っていたものです。

IMG_1119.JPG

(カラマツの落ち葉。落ちたての枯葉)

穴があるからドーナツ。あまり意味のなさそうなドーナツホール。
人には必ず欠点や弱点がある。例えば、目の見えないピアニスト、左手しか動かせないピアニスト。その弱さがあるからこそ、技術的云々より人々に感動を覚えることがあります。その姿に自分自身の穴を感じるからこそ心に響く芸術家たち。ドーナツは穴があるからドーナツ。人それぞれの心に穴がある。

IMG_1163.JPG



年を取ると、若い時に見た映画や小説を改めて観ると、以前には感じなかったことへ共鳴することがあります。又、歴史上の人物にもお仕着せのイメージではなく、その背景やその場所に立ってみることで別の想いを感じることがあります。
年を取れば別の立場で感じること、一歩下がって眺めればと。

IMG_1175.JPG

(この時期の濡れた苔は大変美しい)

さて、最初の載せたドラマ。
前頭葉が衰えて感情がすぐでるようになったこの頃。一歩下がって別の目で見ていれば、笑える場面。しかしそこにはかつての名優?と同じ行動を取る自分がいるこの頃です。

IMG_1128.JPG

posted by 田舎おやじ at 12:39| Comment(0) | 日々雑感