2018年09月16日

映画三昧

IMG_8393.JPG

【三浦半島の小網代 どこか遠くへ行ったような風景です】

最近、自分にとって新しいジャンルの本(活字)を読むことが段々億劫になってきており、その為映像や音から情報を入手することが多くなっています。

手っ取り早いのが映像、テレビです。しかし、皆さんも感じていると思いますが、最近のテレビ番組は小うるさいものばかりで、初老老人にとっては耳障りなものばかりです。昔、年取った人たちが「小さな旅」とか「新日本風土記」等をよく見ていたのが、今になって分かります。

そうなると娯楽的なものは、やはり映画となります。劇場ではチケットが高いですからそうそう見ません。レンタルビデオやテレビで放映される映画やが主となります。しかし街中に映画館があった時代を知っている者にとっては、やはり映画館で見ることが一つの楽しみです。

IMG_8368.JPG

【初めて挑戦したとうもろこし。出来すぎでした。ビギナーズラック】

港南台駅周辺にはちょっと小さめの映画館(昔の映画館を知っている人にとってはちょっと大きめのテレビ画面のようです)があり、交通費もかからず、ある程度の年取った夫婦なら2人二千円で観ることができます。そして場所柄ローカルなので、最新作ではなく又上映する映画も年配者向けのものばかりです。(もっともその方が当方にとっては有難い)欲を言えば、入れ替え制(単作)ではなく、昔の三本立てのようなものが欲しい!)

IMG_8744.JPG

【今年はレモンが豊作。まだまだ青いですが、これからが楽しみ】

この夏は映画館やビデオ等で映画三昧となりました。暑い時は涼しいクーラーの部屋で観劇するのが一番。「終わった人」「万引き家族」などなど。小さな「笑い」と「ペーソス」があるものが心に残ります。役者の演技が光ります。

IMG_8374.JPG

【ミニトマトだけではなく、大き目のトマトも成功】

さて、港南台の映画館では「終わった人!!」が沢山来場していました。今までの自分の歩んできた山あり谷ありの人生を思い起こすにはいい娯楽なのかもしれません。そういう自分も「終わった人!!」なのでしょう?そうそう、同世代の「終わりかけの皆さん」「壊れかけの皆さん」も是非映画館などへ足をお運び下さい。


IMG_8423.JPG

【富士山と富士川】
posted by 田舎おやじ at 14:01| Comment(0) | 日々雑感