2017年06月08日

無題

IMG_5117.JPG

(新緑が美しい季節です)

うん十年ぶりに39度の熱を出し、1週間ダウンをしていました。こちらもうん十年ぶりの長旅の後で、きっと疲れが出たことでしょう。頭痛と吐き気、時々の戻しで食事はできず、一日中布団の中で過ごしていました。

「人生下り坂」。
ゆったり下り坂を楽しもうと思っていると、実は「このお山」はお椀型をしており、初めは下り坂も穏やかですが、時が進むにつれて下りも急になり、足元を気を付けて下らないと転げ落ちることを実感します。

IMG_5080.JPG

(緩やかな山姿)

さて。
そんな布団の中でうとうとしながら、漏れてくるテレビの音を聞いています。
しかしこの世の中の事は、人が生きていくのに不要なものが溢れているなと感じます。生きる基本的なことは全て「シンプル」。そんな「シンプル」なものを、人が塗りたくり複雑にして、右ではない左ではないと忙しそうに?働いているように思えます。複雑にするのは、本質を隠そう、胡麻化そうとする意図を感じます。敢えて何についてとは言いませんが、なにかすべてに共通しているように思えます。

IMG_4787.JPG

(シンプルに白砂が美しい京丹後の琴引浜)

昔聞いた「商いの基本は信頼」というもの。
「商い」で一度噓をつき相手の信頼を失えば次から取引がなくなります。政治の世界なら「力」というもので取引は続きますが、「商い」の世界で次はありません。まさしく「飽きない」なのです。
美味しいと感じる和菓子の原材料を見れば至って「シンプル」。余分なものは一切入っていません。何か胡麻化したいから余分なものを加えたり、余分なものを装飾したりと手を加えるのでしょう。


人それぞれですから、複雑にしてそれを楽しむという価値観だってあることでしょう。しかし、そのために借金(公債や中央銀行券などなど。いずれもDEBTです。)を積み重ねて厚底の繁栄を図ろうとしても先が見えています。
posted by 田舎おやじ at 08:44| Comment(0) | 日々雑感